あずまだち研究会

head.png

HOME > あずまだち研究会

 富山県の砺波平野の散居村では、屋敷林・カイニョに囲まれた家々が点在する
地域があり、この屋敷林の中に建つ、力強さと風格に満ちた大破風の家は
農家の伝統建築で「あずまだち」と呼ばれています。
「あずまだち研究会」は、この伝統建築の「あずまだち」の特徴を残しつつ、夏は涼しいが、冬は寒いというあずまだちの欠点を克服して、現代風アレンジを加えた家作りを行うために、富山県下の工務店が協力し、あずまだちの家の住みやすさを追求する団体です。

kaigi01.jpgkaigi02.jpgkaigi03.jpg
「あずまだち研究会」会議風景 

logo-yoko2.png
sennn.png














sennn.png

あずまだち研究会 事務局



sennn.png
「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援